第6回日本道徳教育学会近畿支部「第6回道徳セミナー」が170名の参加で行われました

◆第6回道徳セミナー

日時:平成30年2月17日(土)

   10:00~16:50

場所:ホテル ルビノ京都堀川 

   B1F 平安の間

主催:日本道徳教育学会

       近畿支部

参加人数:170名

2月17日(土)日本道徳教育学会近畿支部が主催する『第6回道徳セミナー』がルビノ京都堀川で170名の参加で行われました。

今回は、「子どもの道徳性を育成する指導と評価とは」というテーマを軸として、北は北海道南は九州まで全国各地より170名の参加で盛大に行われました。

午前中は、まず開会のあいさつを杉中日本道徳教育学会近畿支部支部長が行い、引き続き澤田文部科学省教科調査官による『道徳科の全面実施に向けて』という題による講演がありました。その後急遽病気で欠席した谷田兵庫教育大学教授のピンチヒッターとして杉中支部長が柴原京都産業大学教授と「子どもの道徳性を育成するための質の高い道徳授業とは」という題で対談を行いました。

昼食後午後には、菅原京都市立南宇治中学教諭による模擬授業、それを受けての授業研究、最後には横山日本道徳教育学会名誉会長による講演「どうする道徳の評価」がありました。

どのお話、取組みも濃い内容で一日どっぷりの道徳づけでしたが、それが明日からの生きる力となりました。本当に堪能しました。

This entry was posted in 活動の様子. Bookmark the permalink.

Comments are closed.