平成30年度 日本道徳教育学会近畿支部総会が5月19日(土)に行われました

◆平成30年度日本道徳教育学会近畿支部総会

 日時:平成30年5月19日(土)

    13:30~14:30

 場所:神戸市教育会館203号室

 参加者24名

平成30年度日本道徳教育学会近畿支部総会が神戸元町の神戸市教育会館で行われました。

最初に杉中支部長から「ピンチをチャンスに繋げる」という話から、これまで近畿支部が大切にしてきたことを引き続き継続していく中で、今年度は新しいことも柔軟に取り入れていくという抱負が述べられました。

その後平成29年度活動報告や予算の決算報告、また平成30年度の役員、会員の確認、平成30年度の活動案、予算案を審議し、参加者の満場一致で了承されました。

第2部の学習会では、「道徳の授業を考える」ということで、杉中支部長、川崎支部長からの実践的な授業づくりの報告がありました。その後資料「嵐の後で」(文部科学省)を使い、先ほどの話を参考に道徳の授業づくりにつてグループで論議しました。

●次回学習会予定:

  第29回学習会:

   日時:8月25日(土) 14:00~17:00

   場所:あべのハルカス四天王寺大学サテライトキャンパス

 

 

This entry was posted in 活動の様子. Bookmark the permalink.

Comments are closed.